過去の     このサイトのソース等の使用は自由です。再配布・転載の場合はご連絡下さい。

2013〜2007年2006〜2003年2002年2001年2000年1999年


DLookupを使って同一データの有無をチェック  (UPD 00/12/27)
    
同一のデータは入力できません。値を変更したが戻した場合はチェックしません。

マウスをポイントすると浮き出るコマンドボタン (UPD 00/12/14)
    
最近はやりの浮き出るコマンドボタンを作成します。
          

a-mini-6.gif (272 バイト)Excel振込(V1.20)バージョンアップ(UPD 00/12/13)

a-mini-6.gif (272 バイト)Excel振込(V1.19)バージョンアップ(UPD 00/12/02)

a-mini-3.gif (270 バイト)Accessで使えるWindows API サンプル23 (UPD 00/11/25)

VBでも使用できます。

t1.gif (198 バイト)メモリブロックを別の領域にコピー
    MoveMemory
t1.gif (198 バイト)パス名の最後にバックスラッシュを付加
    PathAddBackslash
t1.gif (198 バイト)2つのパス名に共通するディレクトリ名を取得する
    PathCommonPrefix
t1.gif (198 バイト)指定ファイルの存在チェック
    PathFileExists
t1.gif (198 バイト)パス名を指定の長さ(ピクセル単位)に短縮する
    PathCompactPath
t1.gif (198 バイト)パス名を指定の長さ(バイト)に短縮する(日本語の場合は、文字化けを起こす場合あり)
    PathCompactPathEx
t1.gif (198 バイト)フルパス名から拡張子を取得(拡張子のポインタ取得)
    PathFindExtension
t1.gif (198 バイト)フルパス名からファイル名を取得(ファイル名のポインタ取得)
    PathFindFileName
t1.gif (198 バイト)指定のファイル名のフルパスを取得
    PathFindOnPath
t1.gif (198 バイト)ファイル名がワイルドカードを使ったファイルスペックに一致するか?
    PathMatchSpec
t1.gif (198 バイト)スペースを含むパス名は""でかこんだ文字列に変換。スペースを含まない場合は何もしない。
    PathQuoteSpaces
t1.gif (198 バイト)フルパス名からファイル拡張子を削除
    PathRemoveExtension
t1.gif (198 バイト)パス名のファイル拡張子を変更
    PathRenameExtension
t1.gif (198 バイト)""で囲まれたパス名から””を削除
    PathUnquoteSpaces

a-mini-6.gif (272 バイト)Excel振込(V1.18)バージョンアップ(UPD 00/11/14)

a-mini-3.gif (270 バイト)Accessで使えるWindows API サンプル22(UPD 00/11/11)

VBでも使用できます。

t1.gif (198 バイト)「アイコンの変更」ダイアログ
    SHChangeIconDialog
t1.gif (198 バイト)APIのMessageBox
    MessageBox
t1.gif (198 バイト)最近使ったファイル(Recent)にファイル名を追加または削除する
    SHAddToRecentDocs
t1.gif (198 バイト)シェルについてダイアログを表示する関数
    ShellAbout

a-mini-6.gif (272 バイト)Excel振込が「ネットランナー12月号」(ソフトバンク)に掲載されました(UPD 00/11/11)

レンタルサーバーに引っ越しました( 00/10/28)

    新しいURLは http:// www.loadsystem.net/

     お気に入りの変更をお願いいたします。

    新しいメールアドレスは info@loadsystem.net   です。
    
    名称も「VBA道具箱」に変更しました。 

Excelのメニューをリスティングする[97/2k](00/10/28)

a-mini-6.gif (272 バイト)Access Road さん提供の全文検索を窓をつけました。(UPD 00/10/10)

a-mini-6.gif (272 バイト)Excel振込が「ネットランナー11月号」(ソフトバンク)に掲載されました(UPD 00/10/10)

レジストリの値設定・値削除・キー削除を行なう[97/2k] (UPD 00/10/07)

AccessのFormを固定する   (UPD 00/09/23)

APIを使ってAccessのフォームを動かせなくします。VBでも使用できます。

次のAPIを使用しています。
GetSystemMenu
RemoveMenu

CommandBarコントロールのアイコンを取り出す(その2)[97/2k](UPD 00/09/23)

Excel(Word)に登録されているFaceIdと16×16ピクセルのアイコンをすべてExcel表(Word文書)に書きだします。
書きだしたアイコンをコピーしてMS以外の画像系のソフトで使う方法にも触れています。

a-mini-6.gif (272 バイト)Excel振込(V1.17)バージョンアップ(UPD 00/09/16)

口座ごとに振込手数料を管理できるようになりました。

ファイル拡張子とプログラムを関連付ける[97/2k](UPD 00/09/09)

レジストリを書き換えてファイル拡張子をプログラムに関連付けます。関数にしてありますのでSourseはVBやAccessでもそのまま使えます。

VB(A)のFormat関数について[97/2k](UPD 00/09/09)
    Format関数 VS Val関数  どっちが速い
    vbNullChar=Chr$(0)にFormat関数を使った場合

a-mini-6.gif (272 バイト)Excel振込(V1.16a)バージョンアップ(UPD 00/09/02)

バグフィックス版です。

CommandBarコントロールのアイコンを取り出す[97/2k](UPD 00/08/12)(リンク先が違ってましたm(__)m 00/09/02)
VBAメニューコントロールに貼る16×16ピクセルのアイコンを、Commandbarのコントロールから取り出します。コードはWord、Accessでも使えると思います。

a-mini-6.gif (272 バイト)Excel振込(V1.16)バージョンアップ(UPD 00/08/11)

Access本体を最大化する   (UPD 00/07/26)
APIを使ってAccess本体を最大化、最小化・標準サイズにする方法です。

次のAPIを使用しています。
ShowWindow
FindWindow

a-mini-3.gif (270 バイト)Accessで使えるWindows API サンプル集16(修正版) (UPD 00/07/26)

VBでも使用できます。
t1.gif (198 バイト)'EXE・DLLファイル内のアイコンハンドルを取得しフォームに表示
        ExtractIcon
        DrawIcon
        GetWindowDC (New)
        GetDC  (削除)
        ReleaseDC
        UpdateWindow
        SetBkMode

WordのNormal.dotにプロシジャを追加する[97/2k](UPD 00/07/15)

VBAでWordのNormal.dotにAutoExecプロシジャを追加する方法です。

a-mini-14.gif (270 バイト)Accessで使えるWindows API サンプル集3のBugFix (UPD 00/07/01)

VB・VBAでも使用できます。
onpu6.gif (197 バイト)「名前を付けて保存」コモンダイアログを呼び出す。(GetSaveFileName)
    Saveするファイル名を初期値として表示するように変更しました

a-mini-6.gif (272 バイト)Excel振込(V1.15)バージョンアップ(UPD 00/06/24)

ExcelのGetOpenFilenameで任意の初期フォルダを表示させる[97/2k](UPD 00/06/24)
Excelのファイルを開くダイアログ(Application.GetOpenFilename)はAPIを使わなくても済むので大変便利です。しかしダイアログが開いたときの初期値を任意のフォルダに設定する方法は準備されておりません。

Accessで行(Record)を挿入する(UPD 00/06/16)
   
Accessで新規レコードを追加すると最後の行に追加されてしまいます。見た目だけでも途中に追加されたようにできないかという、邪道の小技です。次のWin32APIを使っています。

t1.gif (198 バイト)Windowsの描画を停止する
    LockWindowUpdate

Access97/2000共存環境の問題点
 方向キーを押しつづけるなどしてカーソル移動を行なうと途中でフリーズします。

a-mini-6.gif (272 バイト)Excel振込(V1.14)バージョンアップ(UPD 00/06/03)

a-mini-3.gif (270 バイト)Accessで使えるWindows API サンプル21 (UPD 00/05/27)

VBでも使用できます。

フォルダ内で起こった変更(ファイル名変更・ファイルサイズ変更・属性変更・フォルダ名変更・更新日付変更)を検知します。


t1.gif (198 バイト)通知オブジェクトのハンドルを取得
    FindFirstChangeNotification
t1.gif (198 バイト)通知ハンドルをクリアし、次の通知を待つ
    FindNextChangeNotification
t1.gif (198 バイト)通知ハンドルを開放
    FindCloseChangeNotification
t1.gif (198 バイト)通知オブジェクトを検知
    WaitForSingleObject
t1.gif (198 バイト)ファイル属性設定
    SetFileAttributes

a-mini-6.gif (272 バイト)Excel振込(V1.13)バージョンアップ(UPD 00/05/20)

Accessの最適化メニューと、DbEngineのDatabaseCompactは処理が違う(upd 00/05/13)

プロパティシートに書いた日本語名の関数は実行時に認識されない場合がある(upd 00/05/13)

一箇所だけ修正してコンパイルしてもコンパイル済みにならない場合(upd 00/05/13)

VBAでRuncommandを走らせて確かめる(UPD 00/05/01)

ExcelのMultiPageで重なり合ったListBoxをクリックすると・・・(UPD 00/04/01)

a-mini-6.gif (272 バイト)Excel振込(V1.12)バージョンアップ(UPD 00/03/30)

ShortPath、LongPath(Win95/98)に対応したパス名とファイル名の分割UPD 00/03/25
   GetLongPathNameはWin95では使えません。そこでDir関数の隠された力を使います。次のWin32APIを使っています。

t1.gif (198 バイト)ShortPath名を取得
    GetShortPathName
t1.gif (198 バイト)LongPath名を取得。GetLongPathNameはWin95では使えません。
    GetLongPathName
t1.gif (198 バイト)OSのバージョンを取得
    GetVersionEx
t1.gif (198 バイト)「ファイルを開く」コモンダイアログを呼び出す
    GetOpenFileName

a-mini-16.gif (270 バイト)Access97の小技   LsConnect.mdb  UPD 00/03/25
       Open時にリンク状態を確認し、正常に接続します
     (
LongPathNameに対応しました

a-mini-3.gif (270 バイト)Accessで使えるWindows API サンプル集15 (UPD 00/03/25)

VBAでも使用できます。VBには関数があります。
t1.gif (198 バイト)'クリップボードから情報を取り出す(バグ修正)
t1.gif (198 バイト)'クリップボードへ情報を送信

Excelのメニューバーの表示/非表示を切り替える[97/2k]UPD 2000/03/11

ダイアルアップの接続のパスワードが保存されないUPD 2000/03/11

AccessでスクリーンキャプチャーをUPD 2000/03/04
   AccessでAPIを使ってスクリーンキャプチャーを行い、MDBに格納します。「スクリーン全体」のスクリーンキャプチャーと「アクティブフォーム」だけのスクリーンキャプチャーができます。このAPIはVBからも使えます。

t1.gif (198 バイト)スクリーンキャプチャーを行うAPI
       keybd_event

「定型入力」を設定した項目で発生するエラーメッセージ(upd 00/02/26)

[AC97_2K]レポートのOpenイベントでSourceObjectを設定可能(upd 00/02/17)

a-mini-3.gif (270 バイト)Accessで使えるWindows API サンプル20 (UPD 00/02/17)

VBでも使用できます。
t1.gif (198 バイト)ファイルタイム取得
       GetFileTime
t1.gif (198 バイト)ファイルタイムをローカルタイムに変換
        FileTimeToLocalFileTime
t1.gif (198 バイト)ローカルタイムをシステムタイムに変換
         FileTimeToSystemTime
t1.gif (198 バイト)システムタイムをローカルファイルタイムに変換
        SystemTimeToFileTime
t1.gif (198 バイト)ローカルファイルタイムをファイルタイムに変換
        LocalFileTimeToFileTime
t1.gif (198 バイト)最後に更新した日時を変更
        SetFileTimeLong
t1.gif (198 バイト)おまけ AccessのDocumentの最終更新日と、作成日を取得

 ポイント・インチ・cm・Pixel・twipの関係UPD 2000/02/05

VBの2001年問題のMSの回答UPD 2000/02/05
        Date関数でコンパイルエラーUPD 2000/02/05

 Accessでハイパーリンクの挿入ダイアログUPD 2000/01/29
   AccessからAPIを使わずに、簡単にハイパーリンクの挿入ダイアログを表示出来ます。
       

     (UPD:2000/01/29)
t2.gif (198 バイト)Access2000でOrderByプロパティーを設定する場合はフィールド名を [ ] で囲む
Ac97では許されたのですが、Ac2000ではフィールド名を [ ] で囲まないと [FieldName DESC] と解釈されてしまいます。

 Accessで印刷ダイアログUPD 2000/01/22
   AccessからAPIを使わずに、簡単に印刷ダイアログを表示出来ます。
       

     (UPD:2000/01/22)
t2.gif (198 バイト)Access97でIME2000を使うと問題が発生する場合
Access97でIME2000を使うと、定型入力:@9@9を設定したテキストボックスにテンキーからの数字が入力できません。

 Excelで1900年は閏年?
                Excel VBAで1900年以前に対応した年齢計算
            
   (UPD:2000/01/15)
a-mini-3.gif (270 バイト)Accessで使えるWindows API サンプル集19 (UPD 00/01/15)

VBでも使用できます。
t1.gif (198 バイト)IMEの現在の入力変換方式を表示
       ImmGetConversionStatus
t1.gif (198 バイト)IMEが開いているか
        ImmGetOpenStatus
t1.gif (198 バイト)IMEの説明文を取得
       ImmGetDescription
t1.gif (198 バイト)IMEのファイル名を取得
        ImmGetIMEFileName
t1.gif (198 バイト)IMEプロパティーダイアログボックス
 IME辞書ツールダイアログボックス(Win95+IME97)
 IME辞書選択ダイアログボックス
 IME単語登録ダイアログボックス
        ImmConfigureIMELong
        ImmConfigureIME 

a-mini-6.gif (272 バイト)Excel振込(V1.11)バージョンアップ(UPD 2000/01/14)

 Excelで1900年は閏年?
               VBAで30桁の数字は
            
   (UPD:2000/01/07)

 
レジストリの値設定・値削除・キー削除を行ないます。

関数にしてありますのでSourseはVB(VB4では細工が必要です)やAccessでもそのまま使えます。      
使用しているAPI
RegCloseKey レジストリキーハンドルを開放
RegCreateKeyEx 指定のキーを作成。存在する場合はキーをオープン。
RegDeleteKey 指定のキーを削除
RegSetValueEx レジストリキーの値を設定
RegDeleteValue 指定のキーの値名と値を削除
FormatMessage Windowsのエラーコードに対応したエラーメッセージ取得