Google
WWW を検索
loadsystem.jp を検索
2020年4月のOffice更新で「システムエラー‘&H80004005’」が発生した場合の対処法(UPD:20/05/09)
2020年4月のOffice更新で次のようなエラーが発生し、VBAが削除される場合があります。マイクロソフトより修正プログラムがアップされましたのでこちらの手順で更新してください。

Excel振込(V3.17)アップデート(UPD:20/05/06)
1)Officeアップデートにより「ABConv.xlsmには読み取れない内容がふくまれています。」のエラーメッセージが出て「Excel振込/振替」が起動できない場合がある不具合を修正しました。
2)ショートカット名を指定できるようにしました。
Excel振込(V3.16)アップデート(UPD:20/04/05)
1)OneDriveに接続されたドキュメントフォルダ配下にインストールした場合に発生する 「実行時エラー'52'」を回避する修正を行いました。
「実行時エラー‘52’:ファイル名または番号が不正です。」で「Excel振込/振替」が起動しない場合(UPD:20/01/22)
「Excel振込/振替」をOneDriveに接続されたフォルダ(例えばドキュメントフォルダ配下)にインストールした場合に発生するエラーで、OneDriveの設定を変えることで回避可能です。(Ver3.16で修正済み)

思わずクリックしたくなる、フィッシングメール-その2 (UPD:20/02/24)

Excel振込(V3.15)アップデート(UPD:20/02/24)
1)「オプション2」に「総合振込で、振込区分が関連付けされていない場合データレコードの振込指定区分1桁をスペースにする」を追加しました。
2)「Excel振込/振替」のアップデートチェックを中止しました。
「Excel振込/振替」V.3.14で「ウィルスを検出しました」のメッセージが出てabc314.exeのダウンロードが失敗する場合(UPD:20/01/22)
またしても、Windows Defenderの定義ファイルの誤認識により、「ウイルスを検出しました」との表示がでて、abc314.exeのダウンロードが失敗する事案が発生しました。この事案はマイクロソフトに依頼し、新しい定義ファイルが配布され解決済みです。
定義ファイルの更新方法はこちらをご覧ください。WindowsUpdateで自動的に更新される場合もあります。
ウィルスバスターで誤認識された場合の対処方法はこちらを参考にしてください。また、特定のファイルをウイルス検索から除外する方法はこちら
Excel振込(V3.14)アップデート(UPD:20/01/15)
1)処理日のカレンダーの不具合を修正しました。
2)Windows 7上での稼働サポートを終了しました。
「Excel振込/振替」V.3.13で「ウィルスを検出しました」のメッセージが出た場合の対処法(UPD:20/01/09)
またしても、Windows Defenderの定義ファイルの誤認識により、「ウイルスを検出しました」との表示がでて、abconv.xlsmが起動出来ない事案が発生しました。この事案はマイクロソフトに依頼し、新しい定義ファイルが配布され解決済みです。
定義ファイルの更新方法はこちらをご覧ください。WindowsUpdateで自動的に更新される場合もあります。
最新のWindows Defenderの定義ファイルバージョンは
    
ウィルスバスターで誤認識された場合の対処方法はこちらを参考にしてください。また、特定のファイルをウイルス検索から除外する方法はこちら
2019年8月の月例更新プログラムの問題が正式に修正されました(UPD:19/09/13)
2019年8月の月例更新プログラムに問題があり、VB6/VBA/VBScriptアプリ・マクロが応答不能にっていましたが、9月11日に月例セキュリティ更新プログラムとして公開されました(KB4515384)
 
このアップデートによって一部環境でIMEが停止する不具合が報告されていますので、その場合は以下の記事を参照してください。
 Windows 10環境で日本語入力中に「Microsoft Office」がクラッシュする不具合
 【アプデ/10】 2019年9月11日のWindowsUpdate後、『IMEが無効です』と表示される不具合。対処方法あり [Update 1]
思わずクリックしたくなる、最近のフィッシングメール (UPD:19/09/09)
2019年8月の月例更新プログラムの問題が修正されました(UPD:19/09/02)
2019年8月の月例更新プログラムに問題があり、VB6/VBA/VBScriptアプリ・マクロが応答不能にっていましたが、8月31日にパッチプログラムが公開されました(KB4512941)。この更新プログラムは、“Windows Update”を手動でチェックしたユーザーだけに配信されるようですので、“Windows Update”を再開しKB4512508更新後にオプション更新プログラムとして表示されます。

「WindowsによってPCが保護されました」のメッセージが出たらを参照してください。
Excel振込(V3.13)アップデート(UPD:19/08/20)
1)総合振込でEDI情報が正常に設定されない不具合を修正しました。
「Excel振込/振替」が正常に起動しない場の対処法(UPD:19/08/18)
  
等のエラーが発生して「Excel振込/振替」が正常に起動しなかったり、終了出来なかったりする事案が発生しています。
原因は2019年8月の月例更新プログラムに問題があり、VB6/VBA/VBScriptアプリ・マクロが応答不能になるためです。

現時点でMSからは対処方法は発表されておらず、更新プログラムをアンインストールするしかありません。
更新プログラムのアンインストール後は適用停止に設定することを忘れないでください。
@ITの「【Windows 10】更新プログラムで不具合発生! そんなときは慌てずアンインストール」を参照してください。
会員登録していない方は、PDF版をご覧ください。
「Excel振込/振替」V.3.12のダウンロードに失敗した場合の対処法(UPD:19/07/21)
またしても、Windows Defenderの定義ファイルの誤認識により、「ウイルスを検出しました」との表示がでて、abc312.exeがダウンロード出来ない事案が発生しました。この事案はマイクロソフトに依頼し、新しい定義ファイルが配布され解決済みです。
定義ファイルの更新方法はこちらをご覧ください。WindowsUpdateで自動的に更新される場合もあります。
以下のバージョン以上であればダウンロード可能です。
    
「Excel振込/振替」の新元号対応について-その2(UPD:19/05/06)
前回、Windowsアップデートによって新元号に対応できるようになるとお伝えしましたが5/6現在Windows7及びWindows8.1では自分で強制的にWindowsアップデートを行っても新元号に対応できません。
Windows10では強制的にWindowsアップデートすれば新元号に対応できます。
手っ取り早く対応するには前回お知らせした、 新元号「令和」を設定するをご覧ください。
Windows7及びWindows8.1ではナレッジベースをダウンロードし実行する必要があります
【Windowsのバージョンごとのナレッジベース】 参考記事:新元号「令和」表示に対応するWindows Updateと対応結果を確認する手順
 Windows 10, version 1809 および Windows Server, version 1809:KB4495667
 Windows 10, version 1803 および Windows Server, version 1803:KB4493437
 Windows 10, version 1709:KB4493440
 Windows 10, version 1703 および Windows Server, version 1703:KB4493436
 Windows 10, version 1607 および Windows Server 2016:KB4493473
 Windows 10 RTM:KB4498375
 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2:KB4493443
 Windows Server 2012:KB4493462
 Windows 7.0 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1:KB4493453
 Windows Server 2008 SP2:KB4493460
Windows8.1の場合、更新には再起動を含め40分近くかかります。Windows7は10分くらいです。
「Excel振込/振替」の新元号対応について(UPD:19/04/03)
「Excel振込/振替」 の日付はExcelの機能をそのまま使って表示しています。
従いまして、Windowsアップデートによって新元号に対応できるようになります。
マイクロソフトの「日本の新元号対応に向けて Windows と Office を準備する方法」をご覧ください
どうしてもWindowsアップデートが行えない場合レジストリに新元号を追加するプログラム(というほどのものではありませんが)を作りましたのでお使いください。
新元号「令和」を設定する

Excel振込(V3.12)アップデート(UPD:19/03/30)
1)ゆうちょBizダイレクト総合口座の処理結果読込に対応しました。
2)総合振込の「振込指定区分」は初期値で7を設定していましたが、関連付けされた列の値を設定するように変更しました。
「Excel振込/振替」のダウンロードに失敗した場合の対処法(UPD:19/03/15)
Windows Defenderの定義ファイルの誤認識により、「ウイルスを検出しました」との表示がでて、abc311.exeがダウンロード出来ない事案が発生しました。この事案はマイクロソフトに依頼し、新しい定義ファイルが配布され解決済みです。
定義ファイルの更新方法はこちらをご覧ください。
「Excel振込/振替」のインストールに失敗した場合の対処法(UPD:19/03/15)
Windows 10 の大型アップデート「Fall Creators Update」により、「Excel振込/振替」のインストールができなくなっています。今後もアップデートのたびに同様の問題が発生いたしますのでご留意ください。
  
インストール方法はこちらをご覧ください。
Excel振込(V3.11)アップデート(UPD:19/02/11)
1)顧客コードにd、D、e、Eが含まれる場合は文字として扱うように修正いたしました。
2)2019年の新元号に伴う祝日に対応しました。新元号の名称はMicrosoftのアップデートに依存します。
3)2020年のオリンピック関連の祝日に対応しました。
4)Excel本体の閉じるボタンで終了時にメッセージを出し、閉じることもできるようにしました。
5)口座振替手数料を設定された場合、口座振替結果の書き込みが正常に動作しない不具合を修正しました。
銀行カレンダー関数のExcelアドイン(V2.02)アップデート(UPD:19/01/29)
2019年の新元号に伴う祝日に対応しました。新元号の名称はMicrosoftのアップデートに依存します。
2020年のオリンピック関連の祝日に対応しました。
「Excel振込/振替」インストール時に、「Windows によって PC が保護されました」のメッセージがでたら?(UPD:18/12/01)
詳細情報をクリック後、実行をクリックします。
   
インストール先フォルダの「インストール・アンインストール・アップデート方法.pdf」をご覧ください。
また、セキュリティソフトから類似のメッセージが出る場合は、セキュリティソフト側でabc310.exeの実行を許可してください。
Excel振込(V3.10)アップデート(UPD:18/11/06)
1)口座振替でゆうちょ銀行口座の場合に口座振替手数料が加算されない不具合を修正しました。
2)Excel本体の閉じるボタンで終了出来なくしました。メインフォームの閉じるボタンで終了してください。

Googleカレンダーを簡易日記として使う(UPD:18/03/12)

Excel振込(V3.09)アップデート(UPD:18/01/03)
1)「オプション2」に「個人情報削除ファイル作成」ボタンを追加しました。「口座番号」と「口座名義」を個人特定できない文字に書き換えたファイルを作成しますので、弊社に調査依頼する場合等にお使いいただけます。
2)画面表示の不具合を修正しました。
3)「Excel振込/振替」操作マニュアル.pdfと「FAQ-よくある質問.pdf」を修正しました。