Access用便利ツール

LsDirXls     フォルダ内のファイル名をExcelに書出すツール


「エクスプローラ」にはフォルダ内のファイル名を印刷する機能がありません。LsDirXlsはフォルダ内のファイル名をExcelに書出すツールです。

1.Excelにとは名ばかりで、
ファイル名,ファイルサイズ,最終更新日時の順に、CSVを書出して「印刷はExcelで行ってくれ」とあくまで無責任なツールです。

2.ファイル拡張子(.csv)に関連付けされたプログラム(
APIのFindExecutableを使用しています)を起動しますので、設定如何ではExcelが起動しない場合があります。この場合は .csv をExcelに関連付けしてください。

3.FormのないAccessプログラムを初めて作りました。当たり前だけど動くんですネ!
LsDirXls.mdbのショートカットを作成して、「実行時の大きさ」を最小化にすれば、Access本体も見えないんです!

4.わざわざ重いAccessでやることではありませんが、VBで書くとバージョンが問題になりますのであえてVB4で書いていたものをにAccessに直しました。VBに直すには main()の最後にEndを付けるだけでいいと思います。

 

    download.gif (151 バイト)LsDirXlsのダウンロード (lsdirxls.lzh  36Kb 1999/05/07)
        別途Access97本体が必要です