「Excel振込/振替」トップへQ&A いただいた質問集です。

Q金融機関コード・支店コードを調べたい(2004/05/17)

QWindowsXP、2000、NTで「Excel振込/振替」が正常に動かない(2004/03/08)

Q全銀ファイル作成で「全銀ファイルのドライブまたはフォルダが存在しません。」などのエラーがでる(2004/03/08)

QExcel2000以上で「Excel振込」が起動しない。

Q「Excel振込」はどのような送信ソフトに対応しているの?

Q「Excel振込」で作成した全銀フォーマットファイルが送信ソフトで送信できない。

Q全銀フォーマットファイル名の拡張子はtxtなの?

Q「Excel振込」で作成した全銀フォーマットファイルのレコード長が違う。

Q金融機関から全銀フォーマットの「コード区分」をEBCDICにするように言われた。

Q総合振込の払い出し口座と、口座振替の入金口座を分けて使いたい。

Q顧客コードが12桁なのでどうしたらいいの?

Q「手数料の自動計算」機能について教えて!

Q振込手数料登録で以上金額が入力できない!

Q全銀フォーマット変換時に1行目のデータ読み込みでエラー!

Q前回の関連付けが消えてしまう!

Q全銀フォーマットファイルの各レコードを120バイト固定長に(共同事務センター加盟の信用金庫の場合)

Q口座振替用数値項目を全てゼロクリアするように言われた(JA、福岡銀行の場合)

金融機関コード・支店コードを調べたい(2004/05/17)

@niftyの次のページに公開されています。

http://homepage3.nifty.com/number/

WindowsXP、2000、NTで「Excel振込/振替」が正常に動かない(2004/03/08)

「Excel振込/振替」はインストール先フォルダにファイルを書き込みますので、ログオンユーザーはインストール先フォルダの書き込み権限が必要です。

全銀ファイル作成で「全銀ファイルのドライブまたはフォルダが存在しません。」などのエラーがでる(2004/03/08)

まれにWindowsとIEの環境の違いにより「全銀ファイルのドライブまたはフォルダが存在しません。」「フロッピーをセットしてください。」のエラーが出る場合があります。このチェックはWindowsAPIを使っているのですがエラーが出る環境は特定できていません。この場合は必ずオプションの「書込みファイルのドライブとフォルダをチェックをしない。」にチェックを入れてください。

QExcel2000で「Excel振込」が起動しない。

Excelが起動し、マクロウィルスチェックのダイアログで「マクロを有効にする(E)」をクリックします。「マクロを無効にする(D)」をクリックするとツールは動きません。

<Excel97のダイアログ>

<Excel2000のダイアログ>


Q「Excel振込」はどのような送信ソフトに対応しているの?

全銀フォーマットのファイルを送信できるソフトまたは機器でしたら送信可能です。この場合全銀フォーマットのファイルを直接送信することになります。最近は各金融機関が独自にファームバンキングソフトを開発してお客様のパソコンにインストールしているのをよく見かけます。このようなソフトでも、ほとんどの場合全銀フォーマットのファイルを直接送信する機能を備えています。

Q「Excel振込」で作成した全銀フォーマットファイルが送信ソフトで送信できない。

東京三菱銀行のCAMSというパソコンシステムでは、全銀フォーマットファイルの最後にEOF(&H1A)を付加する必要があります。
「Excel振込」のオプションで
   「全銀データファイルの最後にEOF(&H1A)を付加する」

にチェックをつけます。

Q全銀フォーマットファイル名の拡張子はtxtなの?

「Excel振込」のヘルプにはたまたま testdat.txt の表記をしておりますが金融機関から指定されたファイル名でかまいません。拡張子の有無は関係ありません。

Q「Excel振込」で作成した全銀フォーマットファイルのレコード長が違う。

通常全銀フォーマットファイルの各レコードは改行コード(&H0D+&H0A)で区切られますが、東海銀行の送信ソフトの場合は純粋な固定長ファイルとして扱うようです。
「Excel振込」のオプションで
   「全銀データファイルの各レコードに改行コードをつけない」

にチェックをつけます。
ただしこの送信ソフトには「CR・LF抜取」という指定ができるのでそちらのほうが安全です。

Q金融機関から全銀フォーマットの「コード区分」をEBCDICにするように言われた。

パソコンで全銀フォーマットファイルを作成する場合、通常はヘッダーレコードのコード区分はJIS(0)に設定します。金融機関からEBICDIC(1)に設定するよう要請された場合は、
「Excel振込」のオプションで
   「コード区分をEBCDICに設定する」

にチェックをつけます。

Q総合振込の払い出し口座と、口座振替の入金口座を分けて使いたい。

「Excel振込」の「貴社口座」登録で2つの口座を登録することで、使い分けることができます。

Q顧客コードが12桁なのでどうしたらいいの?

たとえば 123456789012 という12桁の顧客コードを格納するためには
    顧客コード1  0000000012(データとしては数字の12でかまいません)
    顧客コード2  3456789012
として頂かなければなりません。

全銀協データフォーマットでは顧客コードは
  N(20)
と規定されています。
ところがこの項目は金融機関によって扱いがまちまちで文字データを入れている場合もあります。「Excel振込」ではExcelが16桁以上の数字を扱えないため顧客コードを
  顧客コード1 X(10)
  顧客コード2 X(10)
に分けています。

Q「手数料の自動計算」機能について教えて!

Q振込手数料登録で以上金額が入力できない!

未満金額を入力すれば以上金額が自動的に表示されます。

Q全銀フォーマット変換時に1行目のデータ読み込みでエラー!

[データ開始行・終了行]
データが始まる行と終わる行を指定します。この間の行はすべてデータ行でなければなりません。
終了行を指定しない場合(ゼロの場合)は開始行以降のすべてのデータを変換します。

「ヘルプ」で目次タブ→詳細→見出し行・データ開始行 をご覧ください。

Q前回の関連付けが消えてしまう!

バージョン1.19から読込ファイルを変更または読込みなおした場合、関連付けをクリアするようになりました。
オプションの「読込ファイル」を入力しなおしても関連付けをクリアしない
にチェックを入れれば関連付けをクリアしません。

Q全銀フォーマットファイルの各レコードを120バイト固定長に(共同事務センター加盟の信用金庫の場合)

通常全銀フォーマットファイルの各レコードは改行コード(&H0D+&H0A)で区切られますが、共同事務センター加盟の信用金庫の場合
「Excel振込」のオプションで
   「全銀データファイルの各レコードに改行コードをつけない」

にチェックをつけます。

口座振替用数値項目を全てゼロクリアするように言われた(JA、福岡銀行の場合)

全銀フォーマットでは給与振込・総合振込の場合、口座振替用数値項目の領域はスペースを埋めることになっています。金融機関から給与振込・総合振込の場合にも口座振替用数値項目を全てゼロクリアするようにいわれた場合は

オプションで
    『給与・賞与・総合振込で、トレーラレコードの口座振替用数値項目を全てゼロクリアする』
にチェックを入れてください。
弊社では
JAの一部と福岡銀行で この件についてお客様より報告をいただいております。

  

 

条件1:総合振込の場合だけです。
条件2:手数料区分(当方負担、先方負担の別)が関連付けられていなければなりません。
条件3:手数料が先方負担の場合だけ自動計算を行ないます。
例えば、振込金額が50,000円の場合
貴社口座と同じ銀行・支店の口座の場合 振込手数料=315円 振込金額=49,685円
貴社口座と同じ銀行の口座の場合 振込手数料=420円 振込金額=49,580円
貴社口座とちがう銀行の口座の場合 振込手数料=735円 振込金額=49,265円
のように手数料を自動計算し、手数料を差し引いた金額を振込金額として全銀フォーマットファイルを作成ます。