No27

UPD 02/04/12

SHLWAPI.DLLの中の関数の一部です。現在のところ日本語化されていません。
動作環境は
 Windows 95 + IE4.0以上(一部5.0以上)
 Windows 98 + IE4.0以上(一部5.0以上)
 Windows me
 Windows NT 4.0 + IE4.0以上(一部5.0以上)
 Windows 2000 + IE4.0以上(一部5.0以上)
 Windows XP
詳細はMSDN Library(http://msdn.microsoft.com/library/)を参照してください。


ファイル存在チェックの処理速度をAPI「PathFileExists」とDir関数で比較しています。APIが約7倍速いです。
パスまたはファイルが存在するか
Declare Function PathFileExists Lib "SHLWAPI.DLL" Alias "PathFileExistsA" (ByVal pszPath As String) As Long
パスに\を追加
Declare Function PathAddBackslash Lib "SHLWAPI.DLL" Alias "PathAddBackslashA" (ByVal pszPath As String) As Long
パスを指定数の文字列にコンパクト化する
Declare Function PathCompactPathEx Lib "SHLWAPI.DLL" Alias "PathCompactPathExA" (ByVal pszOut As String, ByVal pszSrc As String, ByVal cchMax As Integer, ByVal dwFlags As Long) As Boolean
指定されたパスがが有効なディレクトリであるか
Declare Function PathIsDirectory Lib "SHLWAPI.DLL" Alias "PathIsDirectoryA" (ByVal pszPath As String) As Boolean
指定されたパスが空のディレクトリであるか
Declare Function PathIsDirectoryEmpty Lib "SHLWAPI.DLL" Alias "PathIsDirectoryEmptyA" (ByVal pszPath As String) As Booleang
パスとファイルのパス部分を取り除く
Declare Sub PathStripPath Lib "SHLWAPI.DLL" Alias "PathStripPathA" (ByVal pszPath As String)
パス文字列から装飾を取り除く
Declare Sub PathUndecorate Lib "SHLWAPI.DLL" Alias "PathUndecorateA" (ByVal pszPath As String)
download Down Load

Source